常滑ワイナリー SUNSET WALKER HILL


愛知県知多半島の常滑市にある常滑ワイナリー「オレゴンファーム&ワイナリー」のレストラン SUNSET WALKER HILL へランチに出かけました。


常滑市は窯業が伝統産業で常滑焼の招き猫が名物でもあるので、倉庫の壁にもワインボトルを持った巨大な招き猫が描かれていました!
倉庫の壁画が撮影に合うのでしょう、3人の若いモデルっぽい男の子達がHOPEの文字の壁を使って写真撮影をしていました。
車での移動で時間が読めなかったので、ランチの予約は特にしなかったのですが、感染者が増え始めていた11月の3連休でしたが、人気店のようで混んでいました。
入店まで40分ほど待ちました。


店内の様子です。
満席だったので、なるべく他のお客様は入らないように撮影しました。
こちらのワイナリーの代表であり醸造家である馬場憲之氏のワイン作りの原点がアメリカオレゴン州ポートランドだそうです。
オレゴン州のワイナリーでワイン醸造に陶器の「甕(かめ)」を利用している映像を目にし、ご自身も素焼きの「甕」で醸造してみたいと思い立ち、ここ常滑市で「甕」を焼いてくれる職人さんを探して、大型甕を焼き上げる職人さんを見つけたそうです。
陶器製の「甕」は外からの空気を取り込めるために醸造が進むそうです。
最後の写真がその「甕」です。

さて、肝心のランチにですが、ドリンクも料理もアメリカンサイズで大きい!
そしてどの料理も美味しくてビックリ!
繁盛店なだけあります。
量もが多いけど、ほぼ完食しました!
特に期待もなく訪れたので意外な当たりでした。
ブログを書いていたら、また食べに行きたくなったけど東京からでは遠い…

ランチセットについてくるボウルスープとサラダ

パワーサラダランチ(国産野菜と知多牛ローストビーフのパワーサラダ)¥1.500

サーモンステーキランチ(香草風味のサーモンステーキ)¥1.800

サンセットスタイルハンバーグステーキランチ(ケイジャン風味のハンバーグ)¥1.800

ランチセットについてくるデザートとドリンク
・自社農園のイチゴを使ったアイスクリーム
・常滑産の卵を使った濃厚プリン

12月中旬~5月末は近くでいちご狩りもできるそうです。

そしてワインのお味はというと…
一番のむ人が運転手だったので、一本購入して帰りましたが、ワインに関してはまだまだこれからに期待というところでしょうか。。。

ワインダイアリーのテイスティングメモ

常滑市には中部国際空港セントレアもあります。
ランチの後、ボーイング787の初号機が展示されているFLIGHT OF DREAMSに寄りましたので、別のブログで紹介します!

[pinomayu]


FLIGHT OF DREAMS セントレア


知多半島のワイナリーレストランでランチ後、近くのセントレア(中部国際空港)のFLIGHT OF DREAMSに遊びに行きました。
ボーイング787初号機の展示をメインとした新感覚飛行機テーマパークで、子供からお年寄りまで楽しめるレジャースポットでした。
5歳娘と80歳を超えた母も大喜びでした!




エンジンはロールスロイス(ROLLS ROYCE)製です。
実物の飛行機を外からじっくり眺めることは元客室乗務員の私でもなかなかないチャンスなので興奮です!

787機の展示以外には10店舗ほどのレストランエリアもあり、勿論、787機を眺めながら食事ができます。
また「チームラボ」による体験型デジタルコンテンツで構成される有料エリア「FLIGHT PARK」があります。

FLIGHT PARKは
01 Fly with 787 Dreamliner フライトウィズ787ドリームライナー
02 Boeing Factory ボーイングファクトリー
03 Paper Plane Music Field 奏でる!紙ヒコーキ場
04 Sketch Airplane おえ描きヒコーキ
05 Airline Studio エアラインスタジオ・キャビンアテンダント
05‐2 Airline Studio エアラインスタジオ・整備士
06 ZA001 Flight Deck ZA001コックピット
07 787 Dreamliner Explorer 歩いて集める飛行機図鑑
08 The Museum of Flight Learning Center シアトル航空博物館ワークショップ
09 787Simulator 787シュミレーター
の9つのエリアから構成されています。
順番にご紹介していきたいと思います。

01 Fly with 787 Dreamliner フライトウィズ787ドリームライナー
30分おきに会場全体がプロジェクションマッピングされ音楽が流れます。
5歳娘はその中で踊っていました。

02 Boeing Factory ボーイングファクトリー
787機の製造工程を立体的な動画で見学できます。

03 Paper Plane Music Field 奏でる!紙ヒコーキ場
各自が白い紙に塗り絵して飛行機を折って、光のドーム空間に飛ばします。

04 Sketch Airplane おえ描きヒコーキ
ここは、娘が気に入って何度も並びました。
塗り絵した紙飛行機をスキャンして、ドーム空間内を自分の飛行機を専用タブレットを使って操縦でき、ゲームになっていて点数が加算されていきます。

05 Airline Studio エアラインスタジオ・キャビンアテンダント
JAL CAでしたが…娘が制服を着てCAになりきり、搭乗案内やセキュリティチェック、おもちゃ配り、アナウンスを体験しました。
ここも気に入って、3回体験したかな?!

06 ZA001 Flight Deck ZA001コックピット
コックピットを見学できるので、皆で記念撮影しました。
ちなみにこの飛行機はテスト機だったのでキャビンに座席はないそうです。

07 787 Dreamliner Explorer 歩いて集める飛行機図鑑
こちらはスマートホンでアプリをダウンロードしてボーイング787機の周りを歩きながら飛行機のパーツを探し、その役割を学ぶコンテンツです。
パーツをすべて集めると、787図鑑を完成させることができます。
winebuffがいつもいつの間にかいなくなるなぁ、と思っていあたら、63のパーツをすべて集めて景品をもらっていました。景品は787のピンバッジでした。

08と09は今回は体験しませんでした。
05エアラインスタジオ整備士は男の子達用に後から追加されたようです。

コロナの影響で日本の航空需要も減退してしまっているせいか…11月の3連休中でしたが混雑もなく、どのエリアでの待ち時間なく楽しむことができました!
名古屋方面に行く際は再訪したいスポットです!
そして皆さまが自由に気軽に飛行機に乗って旅行できる日々が早く戻りますように☆

[pinomayu]


フルーツパーク in 山梨 その2


このホテルは小高い丘の上に立っており、部屋の窓からは甲府盆地の街並みが一望できます。夜には、新日本三大夜景に選ばれた美しい夜景が、そして、朝には(幸運にも?)幻想的な雲海も堪能出来ました。標高560mに位置していることもあり、山の変わりやすい天気の様に、短い滞在中も目まぐるしく天候が変化していきました。

今日は、曇天ですが雨も上がり、何とか屋外活動も可能なようです。winebuffのみ2度目の来訪ですが、駆け足で通り過ぎたため、ほとんど初見と言ってもいいくらい。まずは、フルーツパークの地図をよく見て園内の把握に努めます。ここには特産ショップやカフェ、レストラン、BBQ場、果樹農園、芝生広場、屋内・屋外遊具等があり、様々なフルーツに因んだ(一部因んでいない)アクティビティやイベントも開催されています。斜面に広がる公園には、ロードトレインも走っており、温泉だ、サーキットだと家族連れで一日中遊べる近隣では屈指のテーマパークです。

園内には、パークのランドマークとも言える半円球のガラスドームが三つあり、これは売店やワークショップ教室、レストラン等が入る「くだもの工房」です。この三階には、夜景を眺めながら食事が楽しめる展望レストラン「ガイア」があり、この日の夜にwinebuff一行も訪れました。一階には、例のワインを購入したショップがあり、いつも多くのお客さんで賑わっていました。

貝のような形をしたこちらは、「わんぱくドーム」。ドーム中には人工芝が敷き詰められており、大型のネット遊具とすべり台が常設されています。屋外にも色々と遊具はありますが、ドーム内では雨が降っても大丈夫なので、天候が優れない本日は子供達で大盛況!winebuff娘ももっぱらここのネット遊具で長時間遊んでいました。

・・・おや、これはなんでしょう?わんぱくドームの中央に何やら地下に降りる螺旋階段があります。実は、わんぱくドームの地下には「くだもの館」という展示室があります。山梨の代表的な名産品である、葡萄や桃等の果物の歴史を多面的に説明してくれる展示空間です。 フルーツクイズやフルーツ占い、フルーツピアノなど、楽しみながら学べる施設も充実していました。そしてここでは、ワインの歴史に付いても学ぶ事が出来ます。

流石に、山梨ではアンフォラ(昔、ワインの運搬や貯蔵に使用された素焼きの瓶)は使われなかったと思いますが、数千年以上の歴史を持つワイン作りの変遷を知る事ができ、とても興味深かったです。右の写真は、古い葡萄の絞り機ですが、とても大きく存在感がありました。これは既に引退したものですが、未だにこの種の絞り機を使っているワイナリーもあるとか。すごいですねえ・・・。

さて、ワインの歴史を学んだ後は、三つのガラスドームの下手にあるワインぶどう園にやってきました。ここは、そんなにすごい施設というわけではなく、基本放置系の普通のぶどう畑なのですが、10種類以上ものワイン用葡萄が栽培されています。winebuffが訪れた時には既にぶどうは収穫された後だったのですが、白いボルドー液(農薬の一種)の痕跡が葉っぱにあり、きちんと栽培されているんだという印象を持ちました。しかし、ここで収穫した葡萄はどうなったのでしょう。売店でも販売しているようにも見えませんでしたが。謎です。

今回、山梨に来訪して、色々な場所に行きましたが、唯一ワイナリーには足を運んでいませんでした。新型コロナウィルスで一般客の受入れ制限をしているところも多く、また旅程的に厳しいということもあったのですが、流石に全く行かないわけにもいかないだろうと思い悩んでおりました。そんな時、昨晩飲んだワインが美味しかったのを思い出し、調べてみると近隣にあるじゃないですか!

フルーツ公園から10km弱、車で10数分。やってきたのが、ここ「マルスワイン」です。鹿児島が本社の本坊酒造が、1960年に洋酒生産の拠点として「マルス山梨ワイナリー」を設立。外見は、ワイナリーらしいシャトーを模した建物ですが、老朽化も進んでおり、色々な意味で歴史を感じます。

入場無料で、毎年9万人もの来訪者があるとのことですが、残念ながら、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため工場見学・ゲストルームは現在休止となっていました。通常であれば、葡萄やワインの歴史が学べる壁画を備えた地下樽貯蔵庫やワインの香り漂う低温貯蔵庫、ワインの瓶詰ライン等が見れたのですが・・・。

瓶詰ラインは、窓の外から覗くことが出来ました。ラインは停止しており、曇天も相まって全体的にもの寂しい雰囲気です。

とはいえ、ショップは、普通に営業していました。小綺麗な店内には、レアものを含むマルスワインが一同に会しており、ワインショップ大好きwinebuff的には、とてもテンションが上がります。屋外のもの寂しさとはうって変わって、店内は活気があり、入店した際には、団体さんががやがやワインの試飲を楽しんでいました。winwbuffはいつも通りドライバーなので試飲を勧められましたが、泣く泣く断念・・・。

ここの試飲は、ちょっと変わっていて、壁に設置された蛇口!から、ワインを直接注ぐ形式です。このような壁に埋め込んだ?ように見える樽がいくつも並んでおり、お客さんは自由に試飲を繰り返していました。昨今の事情で現在休止中ですが、予約制の地下ゲストルームもあり、ワイナリースタッフによる説明を受けながら、コンクール受賞ワインなどを有料で試飲できるそうです。

前日は、マルスワインのマスカット・ベーリーAを飲んだのですが、今日は、さらにグレードアップし、プレステージのカベルネ&メルローを購入!購入した際、ショップスタッフから色々お土産もいただきました。

ワインダイアリーのテイスティングメモ

写真は、おまけの、やまなしフルーツ温泉ぷくぷくから見た夜景です。余談ですが、最近のiPhoneの写真機能は素晴らしいですね。素人が適当に撮っても、手ブレも無く綺麗に写してくれます。

この旅は、ワインというよりフルーツがメインテーマだったのですが、もちろんワインもぶどうですからフルーツに大いに関係があります。そして、ここ山梨笛吹フルーツ公園は、基本ファミリー向けの施設ですが、大人の楽しみとしてワインは相応の存在感を持っていました。ショップでは沢山の山梨ワインが揃っており、試飲も出来ます。公園内の富士屋ホテルでももちろんワインが充実しており、様々なマリアージュが提案されています。近隣には、いくつものワイナリーがあり、少し足を伸ばせばほぼ全ての山梨ワイナリーに訪問可能です。
ワイン好きの方であれば、フルーツパークの行楽で家族を楽しませつつ、自分もワインを堪能する、といった使い方も可能です。またいつか、コロナ騒動が収まった後に再訪しても良いかなと思ったwinebuffでした。

[winebuff]


フルーツパーク in 山梨 その1


お久しぶりです、winebuffです。
前回は、7月に山梨のワインリゾートを訪れましたが、今回も何故か山梨でお泊まり。と言ってもリゾートを再訪したわけではなく、同じ山梨といっても違う地域です。ワインブログですからもちろんワインに関連する場所に行きましたが、山梨といえどもワイナリー以外に行けるとこってそんなにあった?、と思いませんでしたか。以前、勝沼のぶどう郷に宿泊した事がありましたが、日本の六次産業はまだまだ発展途上、宿泊施設も潤沢にはありません。では、一体どこに?前置きが長くなりましたが、今回訪れたのは、山梨県笛吹川フルーツ公園(通称、フルーツパーク)です。ぶどうもフルーツの一種ですが、ワインラバーがフルーツパークで楽しめるや否や、が今回のお題です

奇しくも、7月と同じ時刻の同じ列車、あさま13号に乗って山梨の甲府駅にやってきました。(小渕沢のひとつ手前の駅です。)昼前に到着したwinebuff一行は、まず腹ごしらえ。山梨名物といえば、そう「ほうとう」ですね。

駅に近い「小作甲府駅前店」(某評価サイトでは高得点!)で茸ほうとうと豚肉ほうとうを楽しみました。でかいきしめんのようなうどんに様々な肉と野菜が味噌仕立てのスープに浮いています。ボリュームもたっぷりで栄養満点です。

お腹いっぱいになった一行は、次の目的、ぶどう狩りの為に少し離れた「浅間園」に。この辺では、この手の観光果樹園が山ほどあり、葡萄以外にもさくらんぼやもも、梨等の果物が思う存分取れます。とはいえ、季節的には、ももやさくらんぼは既に終わっており、辛うじて数種類の葡萄が残っている状態でした。

まず受付で申し込みをして、45分一本勝負!受付のおばちゃんが時間を大幅に間違えるというアクシデントを乗り越え、裏の畑に(自分達で)移動します。

その日はなんとか天気はもったのですが、このように雨でも大丈夫なように屋根のあるところもあります。ここでは、葡萄と一緒に食事もできるようです。

我々はさらに移動し、移動し、ずいぶん離れたぶどう畑に到着。隣の畑で作業をされていたおじさまに事前のガイダンスを受け、「それでは私は隣の畑にいますんで、勝手にやってください」とのお言葉でぶどう狩り開始です。

葡萄をとるハサミや皿、食べた後のゴミを捨てるゴミ箱も完備。基本タネ有り葡萄だったのですが、畑の隅に少しタネ無し葡萄も。しかし、タネ有り葡萄の方が美味しく、もっぱらそちらをいただきました。

残すのはご法度なので、少しずつと思っていたのですが、ちょっと見ない間に娘が大量にぶどうを採取し、最後は、かなり無理をしてぶどうを口に突っ込む事態に・・・、おいおい。そんなこんなで、「もうしばらく、生食の葡萄はいいかな」というくらい葡萄を堪能し、葡萄園を後にした一行は、次の目的地、浅間神社に。

ここは、pinomayuの知人(の親戚?)が宮司を務める神社という事で、winebuffも一度お参りしたことがあります。今回は、初めて娘を連れて御礼参りしました。お参りをしたり、おみくじを水に浸す水おみくじをやったりした後、何かお土産でも買おうかと思い、社務所に寄ってみて、見つけました!

「葡萄酒守」これは、ワインの里 勝沼らしい一品です。それも赤と白があります。これは買うしかないでしょう。珍しいお守りをゲットし、意気揚々とホテルへ。(本当は、その前に信玄餅の工場に寄ったりしましたが、ワインに関係ないのでここでは割愛します。)

今回、宿泊したのは、フルーツパーク内にある富士屋ホテル。小さいながらも老舗のホテルで、割とクラシカルな作りです。昔流行った西洋風のホテルといったところでしょうか。内装も重厚な雰囲気で、落ち着いた紳士淑女が泊まるような感じ・・・。なのですが、実態は、フルーツパーク内という事もあり、家族連れが多く賑やかでフレンドリーな雰囲気も混在。ちょっとコンセプトが不明瞭な感も・・・。

夕刻にホテルに到着した一行は、しばしお部屋で休憩。しかし、winebuffは、今晩飲むワインをまだ仕入れていなかったため、閉店時間が迫るパーク内のショップ目指して出発。パーク内を突っ切り、急に出てきた雨と霧に妨害されながらも、閉店20分前に何とか到着。

ここは、「太陽と山のお土産市場 さんさんマルシェ」です。山梨県産の旬のフルーツや、名産品・特産品などのお土産以外に、なんと130種類もの山梨ワインを取り揃えており、看板にある様にグラスワインの提供も行っています。とても残念ですが、もう時間も無いため試飲は、泣く泣くパス。本日の晩酌ワイン探求に全力を尽くします。

店内は、小洒落た内装で、都会のインテリアショップの様な佇まいです。フルーツやワイン以外にもそれらに因んだ食品やお菓子、食器、その他グッズが所狭しと並んでいます。とはいえ、じっくりと眺めている暇も無いため、winebuffは、一目散にワイン売り場にGo!

winebuffでも知らないレアものも含め、沢山の山梨ワインが並んでいます。右の棚が赤で左の棚が白です。これほど多くの山梨ワインが陳列されているのを見るのは、ワインの郷以来久しぶりで胸が高鳴ります!本来なら1時間位は、じっくり吟味したいところですが、今日は手早く選ばなければなりません。

店の奥にはワインバーがあり、ワインの試飲がここで出来ます。一升瓶ワインを湯のみで飲むんですか・・・、いいですねえ。美味しそうなアイス(フルーツバー)なんかもありますねえ・・・。いやいや、時間が無いんだってば。早くワインを選ばねば。もう閉店の時間が迫っています。

とまあ、文章では、バタバタと慌ただしさを強調していますが、実際には大体あたりは付けていたのでそれほど迷いませんでした。飲むなら赤。それも日本ワインなら当たり外れの少ないベーリーA。価格的には2千円を越えればまず大丈夫でしょう。地区名の付いたものならなお良し。それらの条件を鑑み、選んだのがこれ、マルスワインの「穂坂マスカット・ベーリーA樽熟成」です。

ワインダイアリーのテイスティングメモ

ワインは、食事に合わせてではなく、食事の後に別途、部屋でゆっくり飲みました。(なにぶん、小さい子供がいるとゆっくり外食は難しく・・・。)さて、今晩の夕食はというと、・・・またほうとうかよ!本日は、ほうとう三昧な1日でしたが、こちら「歩成(ふなり)フルーツライン店}の方がランチのほうとうより美味しかったです。ちなみにお昼のお店も夜のお店も、壁には「樽ワインあります」とか「オリジナルワインあります」とか色々貼ってありました。普通は、日本酒とか焼酎なんでしょうが、さすが山梨、それ以外にもXXのワイン漬けとかワイン一色でした。

ワインリゾートのお部屋でもそうでしたが、このフルーツパーク富士屋ホテルでもちゃんとグラスとワインオープナーは完備されていました。さすがですね。【明日に続く】

[winebuff]


ワインリゾート in 八ヶ岳 その2


翌日、昼過ぎに再びWine houseにやってきたwinebuff。このワインショップの特色はBYOのVINO BOXだけではありません。ここには、24種類もの日本ワインを気軽にテイスティングできるワインサーバーがあり、そこで気に入ったワインをボトルだけでなく、スモールポーションの瓶に詰めて購入出来るというサービスもあるのです。

最初に受付に行って、この様なプリペイドカードと24種類のワインの説明が書かれたブックレットを貰います。

使い方は簡単で、壁面に設置されたワインサーバーの上部にある差込口にカードを差し込んで、お好みのワインのボタンを押してサーブするだけです。ワインの量は5ml〜150mlと各種選択可能です。以前行った、長崎のハウステンボスのワインショップでも同様の機器があったのですが、残念ながらワインが少々劣化していた印象が残っています。さて今回はどうでしょうか?前回同様、少量テイスティングの為、winediaryではなく、このブログに感想を書いていきます。

【シャトー・メルシャン 城の平 オルトゥス】10ml ¥520
「オルトゥス」とはラテン語の「起源」を意味する言葉で、「城の平」がメルシャンの垣根栽培の源流であることに由来しています。 ボディは軽めで和製カベルネの青物系の香りが印象的。酸味が少々勝ち過ぎて気になるのと、これでボトル2万円は流石に・・・。

【シャトー・メルシャン 城の平】25ml ¥620
カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フランのボルドーブレンド。前述のオルトゥスより果実味があり、こなれてますが、こちらもやや酸味、渋みが気になります。そして青物系の香りが全開。ただ、どのワインも総じてコンディションは良いようです。

【グレイス あけの】25ml ¥500
メルロ、カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、プティヴェルドのブレンド。元々、それぞれ別ワインとしてリリースしていたのを2017年に統合。果実味はあるが、酸味、渋みがキツめで、コスパ的にも正直厳しいなと思いました。味わいもやや平板であまり印象に残らない感じでした。

【ドメーヌ茅ヶ岳 アダージョ上ノ山】25ml ¥300
ベーリーA特有のあまいキャンディの様な香りが全開。ボトル¥4,070とこの品種ではかなり高価な部類ですが、味わいは素晴らしい。果実味も十分あり、酸味渋み控えめで飲みやすい。エレガントさは欠けるが、無理せず素材の良さを上手く引き出していると思います。今回試飲したワインで1、2を争うほどの出来!

【ルバイヤート 万力ルージュ】25ml ¥290
さすがのルバイヤート。欧州系品種をうまく纏めてのワイン作りは特筆すべきものがあります。勝沼でもトップクラスのワイナリーだけの事がありますね。今回試飲したワインで欧州系品種ならこれが1番だと思いました。

【楠ワイナリー キュベマサコ】25ml ¥390
メルロー由来の草の香りと甘い香りが入り混じる。果実味はまずまずですが、やや硬さを感じる、骨ばった印象のワイン。酸もややキツめでした。

【シャルマンワイン カベルネ・フラン 尾白】25ml ¥350
ミディアムボディですが、割とタンニンがあり、やや気難しさを感じるワイン。酸味や渋味もちょっと気になる感じで雑味も少々。価格的にもちょっと、という感じでした。

【駒園ヴィンヤード TAO シラー】25ml ¥290
あまりシラーっぽくないソーダの香りが印象的。やや生臭さを感じる点が少し残念。フレッシュな酸が特徴のエレガント系の味わい。いや、これ本当にシラー?

【シャトー・メルシャン 北信左岸シャルドネ リヴァリス】25ml ¥520
ビオ臭全開。シャルドネだけど柑橘系の爽やかワインではなく、味わって飲む系のワイン。大手らしくこなれた作りですが、お値段を考えるとコスパ的には疑問符が・・・。

【くらかけブラン ピノ・ノワール】25ml ¥300
珍しい、黒ぶどうのピノを使った白ワイン。コクと厚みのある味わいで優しくふっくらしています。個人的には、こんな白ワインはありだと思います。

【シクロヴィンヤード パシュート ソーヴィニヨン・ブラン】25ml ¥290
元競輪選手の立ち上げたワイナリーで、「シクロ」や「パシュート」等の命名にその拘りを感じます。味わいは、爽やか系ですが、味わい深くもあり、守備範囲の広い個性的ワインという印象でした。ちなみに、ボトルのエチケットもとても個性的なものです。

【ソラリス 信濃リースリング 辛口】25ml ¥320
信濃リースリング種は、「シャルドネを母、リースリングを父」としてマンズワインが交配した品種だそうで、リースリング種特有のコクがあって味わい深い味作りでした。
 
今回試飲した12種類は、小規模から大手まで色々だったのですが、やはり大手の方がこなれた作りで、価格はともかく安心感のあるものが多かった印象です。小規模は個性的でこだわりはとても良く感じられますが、それがまだ空回りしている感もあり、これからのリリースに期待という感想でした。

さて、今晩の晩酌用に150ml入りのボトルにいくつか詰めていきましょう。winebuffの評価的には、「アダージョ上ノ山」と「万力ルージュ」は即決。後もう一つはかなり悩んだのですが、結局シャトー・メルシャンの「城の平」をチョイスしました。

今日は、定員さんに特に「VINO BAG」ではなく「VINO BOX」にして下さいと念押しして詰めて貰いました。確かに持ってみると重いですし、角のある木製なのでぶつけないように注意も必要。そもそも取手も木製なので遊びがなく持ちにくいと、アイディアは良かったのでしょうか実用的には少々疑問符がつくところも。両方使ってみたwinebuff的には、VINO BAGの方に軍配を上げたいなと思いました。余談ですが、この木箱、子供的には格好のおもちゃになったようで、ワインをこぼされないかとヒヤヒヤでした。

Wine houseでは、通常のワイン販売も行っており、この様に他では中々手に入らないワインも鎮座していました。winebuffもお土産用にと、アルガブランカのイセハラを一本購入。結構いいお値段でした・・・。

二日目の晩は、ホテル内にあるカジュアルなレストラン「ワイワイグリル」にてディナービュッフェを楽しみました。ワインは、VINO BOXで購入済みだったので、レストランではグラスで一杯づつ軽く頂きました。wine houseでもそうですが、ここでも置いてあるのは日本ワインのみ。それも種類はさほど多くありません。ですのであまり迷う事なく、「キザン セレクション メルロー」と「シャトー・ジュン カベルネ・ソーヴィニヨン」を選びました。

食事は、ビュッフェ形式の前菜&デザート+メインをメニューから選択する、という様式でしたが、入場の際に手の消毒をし、ビニールカーテンで仕切られた席に座り、料理を取りに行く際はマスクと手袋着用、人との接触は極力避けるようスタッフが交通整理、という厳格なコロナ対策を施したものでした。それでも不便を感じることもなく、食事は美味しく、とても満足がいくものでした。

おまけ:帰りの電車の中で食べた駅弁です。ここでもワインか!ただ、ご飯は美味しかったのですが、香りとか味とかワインを直接感じさせるものはありませんでした。(当たり前?)

今回、色々と厳しい環境下で国内旅行(一応、関東圏)を敢行しましたが、結果的には行って良かったなと思いました。もちろん、感染防止に最大限気を使いながらの旅行ですから今までとは違う難しさもありましたし、移動に対する批判も多々あるかと思います。しかし、少なくとも現状は、昔の状態に戻る事は不可能に近いので、生命と生活のバランスを考慮しながら試行錯誤していかないといけないのかなと諦観しています。ですので、これからもその時々の状況を鑑みて、出来るだけ活動を続けていきたいと思っています。

[winebuff]


WINE AUCTION

ブログTOPへ